• Chikako Ikeda

いつも冒険!

見知らぬ土地を歩くことが好きだ。

街中でもいい、自然の中でもいい。

ちょっと危ないかもしれないけれど、

地図をおおざっぱに頭に入れたくらいで、歩く。


高揚感と冒険心に少し高鳴る鼓動を感じて、心魅かれるままに歩いていく。

どこにたどり着くんだろう?

あの坂の向こうには、この道の先には、何があるのだろう?

行き先は未知数だ。


頼りになるのはハートの直観と、研ぎ澄ました五感だけ。

周囲の空気を肌身で感じて、感情のちょっとした変化に気づきながら、無我夢中になっていく。

私の神聖な光のサポーターも、つかず離れず見守っている。

自分の光の強度もどんどん上がる。


こんなに空って近かったっけ。遠くの木々のざわめきも手に取る場所にあるよう。

私は何か肉体を超えて、もっと大きな存在にでもなったように感じる。

それは私のエネルギー体そのものに違いない。


今日の冒険が終わるときは、

ろうそくの火が消えるように、ふっと、拡大していた感覚が小さくなってわかる。

もっと先も気になるけど、今日はここまで。


冒険を終えたとき、

世界と一つになった心は清々しく、無敵な勇気がやけに誇らしい。


さあ今度はどこに冒険に行こう!?




最新記事

すべて表示