• Chikako Ikeda

今日の晩ごはん

土鍋でご飯を炊いています。

思っている以上に土鍋で炊くのは手間がかからず、5年ほど前から続いています。

炊き立て艶々のごはんは、おかずは何もいらないほど、

ほわほわとしてとても美味しいです。


今日もいつものように炊き上がり、

蓋を開けると、ふわーっとあがる蒸気と、甘いお米の香りが立ち上ります。

その香りにうっとりしていると、

柔らかな香りの中に、淡いゴールドに輝く光の世界が広がっていきました。


神聖さに満ちたその世界は、

本当に安らかで、懐かしい穏やかな気配に満ちています。

炊き立てご飯の中にも、天国がある!

ほんの一瞬のことでしたが、

大切に育まれた食物は、天からの恵みだとしみじみ感じました。


日常のささやかなところに、すぐ手に届くところに、

源の光は宿り実在していることを教えられた、今日の晩御飯です。











最新記事

すべて表示